不倫裁判の成功事例

不倫で配偶者はもちろん、その交際相手にも慰謝料請求ができます。たとえ交際相手が既婚者と知らずつき合っていたような場合でも、裁判を起こすことは可能なのです。新しいスタートのために、不倫裁判で慰謝料請求する人は増えてきています。不倫の両方が既婚者であるダブル不倫の場合、通常の不倫よりも関わってくる人が増えてくるので、裁判が長引くこともありますし、不倫相手の配偶者から逆にこちらが訴えられるようなこともあります。ややこしいパターンでは自分で解決しようと思うのではなく、専門家のアドバイスが必要となるでしょう。

 

近年不倫裁判が増えてきており、離婚も珍しくなくなっています。ここ最近目立つのが、熟年離婚です。不倫裁判の事例として熟年離婚が急増しており、これは我慢していた妻が夫に対して裁判を起こすようなことが多いです。離婚はしなかったものの不倫相手に対してのみ慰謝料請求するような事例もあります。では大体、不倫裁判ではどれくらいの慰謝料を受け取ることができるのでしょう。様々な事例がありますが、数百万円も受けられるケースも珍しくありません。裁判で勝つためには事前準備や入念な証拠集めが必要となるので、探偵事務所利用が大変役立ちます。