不倫裁判で曖昧な証拠は証拠不十分となる

不倫されても裁判すれば、慰謝料請求で新しい未来を開くことができます。ただ、真実がどうあれ場合によっては不倫裁判で勝てないようなこともあります。証拠が不十分な場合、長年浮気をされていたとしても、その相手を知っていたとしても、負けてしまうことはあるのです。

 

不倫裁判で証拠不十分となった事例はあります。はっきりとした肉体関係が認められない場合、手をつないでいる写真があっても、一晩中同じ部屋で過ごしていたと第三者が証言しても、無理なことがあるのです。裁判官によって判決が変わることも多々ありますが、素人が「これで勝てる」と思っている証拠も、実際にどこまで裁判で通用するのか分からないと頭に入れておかなければなりません。不倫裁判でしっかりとした証拠を提出して、証拠不十分で負けないためにもプロの探偵を雇うことをおすすめします。原一探偵事務所等長年の実績があり、県庁のサイト等で紹介されているところならば、安心して調査依頼することができるでしょう。原一探偵事務所では365日、24時間無料相談を受け付けているので、まずは話だけでもしてみてはどうでしょうか。