不倫裁判で慰謝料の金額設定は大切

不倫裁判では夫や妻、そしてその交際相手に慰謝料請求ができますが、どのようにして慰謝料は決められるのでしょう。被害者が希望した額をすべてもらえるというわけではありません。不倫裁判に限らずどのような場合でもそうですが、被害度合いによって慰謝料の金額が変わります。不倫の場合、体の傷ではなく心の傷なので、どれくらいい精神的苦痛を強いられたか、精神的損害が考慮されます。そして今までの不倫裁判事例に基づき、公平な判断がくだされるコツとなります。

 

慰謝料請求するときには、法外な金額を提示してはいけません。法外な金額となると配偶者も、そして不倫相手も現実的に払えなくなってしまいますし、裁判所に対して心理的に悪い印象を与えてしまうこととなります。慰謝料請求する相手の支払い能力を考えた上で、金額を決める必要があります。ただ、自分なりにこれで良いと思っていてもその金額の判決が下るという確証はありませんし、想像以上に慰謝料請求する相手の経済状況が悪かったならば、裁判で勝っても支払いが放棄される危険があります。金額設定はとても重要なので、専門家に相談すると良いでしょう。